• サーチ
  • カート
  • ログイン

TOPICS

Nao’s Choice Vol.1「Alishan / アリサン」 前編

Nao’s Choice Vol.1「Alishan / アリサン」 前編

エシカルコンビニで取り扱っているブランドのことを、もっと沢山の方に知って欲しい!伝えたい!
そんな想いからスタートしたディレクター早坂奈緒の特別企画「Nao’s Choice」
第1回目は、日本でいち早くオーガニックフードの販売をスタートしたオーガニック・ベジタリアンフードのパイオニア、アリサンをPick Up!

今回インタビューを受けてくれたのは、創業者であるジャックさんと息子のジェイさん。
食品輸入卸から、オーガニックカフェの経営、イベントの企画運営まで、多岐にわたるアリサンの取り組みを、親子二人三脚で支えています。
そして、インタビュアーはディレクターの早坂と娘のハンナちゃん。ハンナちゃんは現役の高校生でありながら、エシカルコンビニのチームの一員として店舗スタッフとして働き、環境について共に学んでいます。お互い意志を引き継ぐ者同士。世代を超えたWファミリーによるスペシャルな対談です!
前編では、アリサンを始めたきっかけからジャックさん自身の食生活のことについて掘り下げていきます。

Alishan / アリサン

“健康的な食べ物を家族に届けたい”という想いから始まった「Alishan」。
約30年前、日本ではまだ”オーガニック”という言葉が浸透していなかった時代に、創業者であるアメリカ出身のジャックと台湾出身のフェイが1988年に日本でオーガ二ック食品の卸販売をスタートしました。
ナッツやオートミール等、取り扱う製品は全て、自らが現地に足を運び世界各地の厳選された農家や生産者から仕入れをしています。

―早坂:今日はお時間を頂きありがとうございます。アリサンの話を聞けることがとても楽しみです。こちらは娘のハンナ。私の通訳者です。このインタビューでは、エシカルコンビニのスタッフとして共に行動しているハンナに質問をしてもらいたいと思います。

Thank you for your time today. Happy you are here. I'm very much looking forward to talking today with the Alishan Team.
This is my daughter. My translator. So for this interview, I would like to ask Hanna to lead as we act together staff member of Ethical Coveni to ask you questions.

OK.ハンナ。始めましょう。

Great.OK.Hanna,Let’s Start.

―アリサンは今から約30年前、まだオーガニックフードやベジタリアンの食材が手に入りにくかった時代から輸入販売をスタートしたそうですね。オーガニック・ベジタリアン食品の輸入を始めたきっかけを教えて下さい。

It seems that Arisan started importing and selling organic foods and vegetarian ingredients about 30 years ago when it was still difficult to obtain. What made you start importing organic and vegetarian foods.

34年前です。日本では物が入らなかったので、自分たちで始めることにしたのです。
だから、特にビジネスプランはありませんでした。 個人的な決断だったのです。 私と友人は皆、ナチュラルでオーガニックなものを食べたいと思っていました。 私たちのほとんどはベジタリアンもしくはノンミートイーターでした。

Change to 34 years. Couldn’t find things in Japan so decided to import ourselves.
And so there was no business plan. It was just a personal decision. I and my friends all wanted to eat natural, organic. Most of us were vegetarian or non-meat eaters.

―なぜオーガニックに興味を持ったのでしょうか?

Why did you become interested in organic?

私が所属していたヒッピー運動の間で、有機的なブームが起こり始めていたのです。
私は50年代に生まれ、60年代には学校に通っていました。 「沈黙の春」の作者のレイチェル・カーソンのように環境汚染に対して興味を持ち始めた頃でしたが、突然大きな公害事故が起こったんです。 高校生のときから環境問題には触れていました。 だから、長い間ナチュラルフーズに興味をもっていたことは自然なことでした。

Organic it was starting to boom amongst the hippie movement that I was part of.
You have to realize that for myself, I was born in the fifties and went to school in the sixties. The environmental consciousness was just starting then like Rachel Carson, Silent Spring but sort of the major pollution accidents so all of a sudden happened in that way. So I was exposed to it ever since I was in high-school. And so it was natural that I've been interested in natural foods for a long time.

―なぜ日本を拠点に?

Why did you to base yourself in Japan?

結婚して、どこに行こうかと考えたとき、しばらく日本に行ってみないかと思ったんです。
というのも、私はすでに日本に行ったり来たりしていたのですが、民藝にとても興味を持っていて、他の人たちと一緒に仕事をしていました。 陶器や他のものの「民藝」を集めて、ロンドンやニューヨークに輸出したんです。 そして、自分たちの為にナチュラルフードを持ち込むようになり、それが友人たちにも広がっていきました。

We got married and we said where should we go and we thought, well, why don't we go to Japan for a while?
Because I had already been in Japan, for, I'd been in and out of Japan. Because of that I was very interested in “mingei” that and working with other people, you know, we were with the collection together with “mingei” of pottery and other things and export that to London or New York. And then we started to bring the natural food for ourselves and then so many of our friends like that.

―アリサンを始めた当時はまだ日本では「オーガニック」や「ベジタリアン」が浸透して
いなかった時代だと思いますが、当時大変だったことは何ですか?

I think when you started Alisan, it was a time when "organic" and "vegetarian" had not yet penetrated Japan. What was the difficulty at that time?

私自身や私の友人には何の問題もないのですが、小規模農家には問題があります。 小規模農家の問題は、社会からのサポートがないことです。どこの国でも小規模農家は野菜や食べ物を安く買いたたかれる為、活力を失っています。
最初はほとんどの人がアリサンはもちろん、オーガニックのことを知りませんでした。 そんな中でも、興味のある人たちが、私たちを見つけてくれて、その人たちを大切にし、一緒に成長していくことで、マーケットが広がっていき、今ではオーガニックについて、より深く、いい議論ができるようになりました。

The problem was for myself and my friends, there's no real problem. But small farmers have a problem.
Problem with small farmers is lack of their support from society , is worldwide, everywhere, small farmers everywhere they’re bottomed, you now squeezed in price but keep buying vegetables and foods. At first most people didn’t know but the people that did know found us, those were the people we took care and grew togheter as that market of conscious people grew in japan. In the past conversation was what is organic but now we are much more deeper into the topic and we have good deeper discussions now.

―ジャックさんはベジタリアンですか?

Mr.Jack Are you both vegetarian?

そうです。

Yes.

―なぜベジタリアンになったのですか?

Why did you become a vegetarian?

理由は3つあります。もちろん、それは動物にとって良いことです。
まず肉の生産には、ほとんどの人が想像もつかないようなレベルの暴力が存在するのです。次にアメリカや日本で牛に与える大豆を育てるためには、大量のブラジルの熱帯雨林を伐採する必要があります。そして処理と生産に使用される大量の水が必要となります。
ベジタリアンは動物にもいいし、環境にもいいし、自分にもいい。私は決して皆さんがベジタリアンになるべきだとは言っていません。ベジタリアンであることは素晴らしいことですが、全員がベジタリアンになる必要はないのです。ただ、肉の消費量を減らすために何か方法がないか考えてみてください。

There are three reasons.It's of course better for animals. And there's a level of violence I don't think most people have any idea involved in meat production.And the massive amounts of Brazilian rainforests must be clear cut to grow the soybeans to feed cows in America or Japan, to create beef. Massive amount of water that is used to process and produce. So it's good for the animal, it's good for the environment, and it's also good for you and so those are the reasons why. And I never said in all of this that people should become vegetarians. I mean, it's great place to be, but you don't need to be vegetarian. Let's just see if there's some way you can reduce totally meat consumption.

―ジェイさんもベジタリアンですか?

Mr.Jay Are you both vegetarian too?

ジャックはベジタリアンだけど、僕はそこまでコントロールはしてません。出てきたら食べる。量でいうと、肉は5%以下で、自分でも料理の仕方は知らない。レストランに行った時に、味を試してみたいと思ってチャレンジしているところです。 外国に行った時とかに、Noとはまだ言いたくない。まだ色々と経験したいと思ってます。

Even though Jack is vegetarian, I don’t control it that much. If there is a chance I will eat. Talking about the amount of meat, it is less than 5%. I don’t even know how to cook it. If I go to a restaurant, in order to feel the taste I challenge myself. Like when I go overseas, I don’t want to say NO. I still want to have some different experiences.

―オーガニックフードの良さって何ですか?

What is good about organic food?

オーガニックとベジタリアン、それらは両方とも土壌を保護します。ベジタリアンや肉類摂取量の少ない食事は、大豆を栽培し、動物性タンパク質を生産するための動物の餌となる熱帯雨林の伐採を減らすことにつながります。
つまり、地球にとって良いことなのです。例えば、地下水の汚染を少なくします。 肉の消費量が増えると、飼養頭数が増加し、排泄物が増えます。 その結果、商業的な規模で動物を加工し育てることは、多くの水質汚染を引き起こし、これは動物にとっても悪影響です。

They both have the same benefits. They both protect the soil. Vegetarianism or a lower meat intake diet means there's less rainforest being cut down to grow soybeans, to ship off to America or Japan, to be fed to animals to produce animal protein. So it's better for the Earth. For example, it reduces groundwater pollution. As meat consumption increases, the number of animals and their excretion also increases. As a result, processing and raising animals on a commercial scale causes a lot of water pollution, which is also detrimental to animals.

記事では紹介しきれなかったアリサンの魅力秘話を、動画で公開中!

SHARE