• サーチ
  • カート
  • ログイン

TOPICS

Ethical Note vol.3 「ウェルネスを通じて、人と地球に優しい循環」

Ethical Note vol.3「ウェルネスを通じて、人と地球に優しい循環」

エシカルコンビニが掲げる6つのキーワードのうちの1つ「Less waste(レスウェイスト)」。 資源の採取から製造、使用、廃棄、輸送などあらゆる段階の中で、ゴミ・無駄が出る前にそれらを抑えるための取り組みをしています。

「無駄・ごみ・浪費をなくす」=ゼロ・ウェイストの考え方、ライフスタイルが注目を集めていますが、いきなり「ごみゼロ」にするのはハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

エシカルコンビニでは「ゼロ」ではなく「レス」=「減らす」ことを目指し、消費者が積極的に生活の様々なシーンで使えるような、使い回しのできるアイテムをご提案しています。

今回は、エシカルコンビニの数ある商品の中から、エシカルコンビニディレクター兼バイヤーの早坂奈緒が実際に私生活で使用している、レスウェイストな生活のアイテムをインタビュー形式でご紹介します。

ー早坂さんが実際の私生活で使用している中で、おすすめのレスウェイストアイテムを教えてください。

私は十年以上前から布ナプキンを使用しています。最近では吸水ショーツも併用するようになりました。
エシカルコンビニでセレクトしている、REMEDY GARDENの布ナプキンとayameの吸水ショーツを自分の体調に合わせて使い分けていますね。
レスウェイストの観点からはもちろんのこと、身体への負担を軽減してくれたり、生理にまつわる様々なトラブルを解決してくれたりと、女性にとって使うメリットが沢山あります。

 

REMEDY GARDEN OJ 防水ありライナー

 

 

ayame分離型吸水サニタリーショーツ ハイウエスト(ランドリーバッグ付き)【susu/スス】

 

ーなぜこの商品をエシカルコンビニで取り扱おうと思ったのですか?

REMEDY GARDENに関しては、元々エシカルコンビニをやる前から愛用していました。私がエシカルの問題に対し向き合うきっかけとなったのも、実は布ナプキンを使用するようになってからです。
生地から縫い糸まで、肌に触れる生地全てに天然繊維のオーガニックコットンを使用しているので、身体への負担が少なく、肌触りも良いです。
吸水ショーツのayameを選んだ理由は、まず一目でカラーリングがとても好みだったから(笑)。直感です。
でももちろんそれだけではなく、肌触りの良い素材、ショート・スタンダード・ハイウエストと形の種類が豊富、など、老舗の下着メーカーが作っているので、女性が欲しいと思う機能が詰まっています。

私はハイウエストのタイプを使用していますが、お腹までしっかりとホールドしてくれるのでとても温かいです。
生理中って肌がとても敏感になるので、肌心地の良さは選ぶ上でも重要なポイントになってきます。

ーこの商品を使い始めて良かったことはなんですか?

まずは、身体にとても良い変化があったことです。布ナプキンを使用し始めてから、生理痛がほとんどなくなりました。
「なぜこんなにも変化が起きるんだろう」と思い色々勉強をしていく中で、実は一般に売られている使い捨ての紙ナプキンには有害な化学物質が含まれていていて、女性の身体に悪影響を与えていることを知りました。
経血の吸収のため紙ナプキンに使用されている高分子吸収体ポリマーは、発熱時の冷却ジェルシートにも使われている素材で、身体を冷やしてしまうことで生理痛や子宮の病気などに繋がる、また、陰部の経皮吸収率は他の身体の部位に比べても際立って高く、有害物質が身体の中へ吸収されやすい、など。
それまで当たり前だと思って使っていたものが実は身体に相当な負担をかけていたなんて、怖いですよね。

また、シンプルにお財布に優しいことも良かったことの一つです。
初経~閉経まで女性にとって生理とはとても長い付き合いになるので、毎月生理用品にお金をかけていると結構な額になります。
そこに更に痛み止めの薬や、症状の重い人は病院の治療代も嵩むとなると尚更です。
身体へよくない影響を与えるものに対しお金を払い、そしてそれを治療するためにお金を払い、ゴミも出るという、負の連鎖が起きてしまっています。

もちろん、人によって症状や身体のつくりが異なるので一概には言えませんが、逆に考えてみると、自分の身体をケアすることで地球環境もケアできる、という事です。

ーこの商品を初めて使う方へのアドバイスはありますか?

一つのものだけでなく、自分の生活スタイルや身体の調子によって色々なアイテムを試してみると良いと思います。
最初は少ない日から、量が多い日は布ナプキンと吸水ショーツを組み合わせて使用するなど、試行錯誤していく中で自分に合っているものがわかってくるはず。
もちろん、紙のナプキンを全て否定している訳ではなく、オーガニックコットン素材など、紙ナプキンも様々進化していますので、自分の中の選択肢を増やす、という気持ちでまずは試してみることをおすすめします。

ー「レスウェイスト」をエシカルコンビニのキーワードとして掲げた理由はなんですか?

最終的に目指すべきはゼロウェイストなのはもちろんなのですが、中々普段生活する中でごみをゼロにしようとするとハードルが高くなってしまうし、選択肢が狭まってしまう。
なので、エシカルコンビニでは「レス=減らす」をキーワードとして掲げることで、これまで当たり前だと思っていたことに、少しだけ疑問を持ち、考え、自分の出来るところから少しずつ変えていってみて欲しいなと思っています。

今回お話をした布ナプキンや吸水ショーツのように、人にとって良いことって、結果的に地球にとっても、良いことに繋がります。
そんな好循環が生まれる商品をエシカルコンビニではこれからもご提案をしていきたいと思っています。

↓ayameの商品はこちら
https://ethical-conveni.com/collections/ayame

↓REMEDY GARDENの商品はこちら
https://ethical-conveni.com/collections/remedygarden

SHARE